エアコンの生命線。家庭用エアコンの寿命はどれくらい?

夏の暑さを乗り切るために、エアコンはかかせないものになりました。温暖化が叫ばれる中、もはや涼を求めるだけのものではなくなっています。熱中症にならないための命綱として、屋外はもちろん、家庭内にも必須の家電製品です。それだけに生活必需品といっても差し支えないほどのものが、突然動かなくなる事態は避けたいものです。家庭用エアコンの寿命は、約10年程度と言われます。使用頻度や環境により寿命の早い遅いの差はありますので、あくまでも目安です。10年ほどで、内部の部品の消耗が目立つようになってきます。故障した場合は修理することになりますが、メーカーが部品の保存をしている期間もほぼ10年程度なのです。それを過ぎると、修理したくても部品がないので出来ないと言われるケースが増えてきます。寿命の限界まで使用することも素晴らしいことですが、定期的に買い替えるという選択も決して悪いことではありません。より進化した機能を搭載した機種を家庭に迎え入れることは、快適な生活を送るためのひとつの選択です。修理するのもひとつの手です。が、メーカーの保証期間も終了していることが多いため、修理費用が思ったよりも高額になる場合もあります。製造から10年も経てば、それまでしなかったような音が鳴るようになったり、吹き出し口から異臭がするようになったりします。これらは、買い替え時を示すサインとも言えます。そのサインをどう受け取るかで、夏の過ごし方は大きく変わっていくのです。