業務用エアコンの電気代の目安とエアコンの省エネ方法

夏の暑い日に役に立つエアコン、オフィスや広い建物では業務用エアコンを導入するのが一般的です。導入する上で気になるのが電気代です。エアコンの性能によって電気代は異なりますが、大体の目安は知りたいところです。
業務用エアコンの冷暖房能力は家庭用のとは異なって、表記が異なります。具体的には何畳用ではなく、馬力数や坪数で表記されます。馬力数からkwに変換するには、馬力数に約1000分の746を掛けるとkwが算出されます。そして、kwと使用時間と電気料金を掛ければ大体の電気代の目安が分かります。電気料金については単相200Vか3相200Vかによって異なりますが、単相ですと25円1kwh、三相ですと17円1kwhを目安に計算すると出てきます。
ただし、表記されている数字はフル稼働しているときです。一般的に業務用エアコンを含めてエアコンは、設定温度や外気の温度によってはずっとフル稼働しているのではなく、スイッチを入れたときにフル稼働されますが、部屋の温度が下がって設定温度に近づくとある程度パワーを落として運転されるため、計算通りの結果にはならないことがあります。そして、この計算結果には基本料金は含まれていません。
そして、最近のエアコンは省エネに力を入れており、自動運転にすると必要なパワーで動くのはもちろんのこと効率よく冷暖房できるようなされているので、省エネに貢献されます。エアコンを使用する際には、何度もつけたり消したりするのではなく、ずっと運転した方が省エネにつながりやすくなります。